当ブログに初めてお越しの方はコチラからどうぞ

薄毛・抜毛に悩む 皮膚の弱い方へ

・育毛剤を使うと、頭皮が痒くなる、かぶれる、痛くなる・・・


・育毛剤を使うと、逆に抜毛が増える気がする・・・


・皮脂取りシャンプーと育毛剤を使っているが効果がない・・・


・皮膚が弱い体質だ




以上の項目に当てはまる方!



みなさんのお役に立てる情報を提供出来るかもしれません。


当ブログをチェックしてみて下さい。



普通の方と、皮膚が弱い方では育毛法が異なります。


普通の方に有効な育毛剤やシャンプーも、皮膚が弱い方にとっては


頭皮に痒みや痛みをもたらせ、抜け毛を加速させることになったりするのです。



髪を増やしたくて、または抜毛を減らしたくて育毛剤やシャンプーを選んだのに


その選択を間違ってしまった事によって、むしろ髪が減る・・・


そして、育毛剤やシャンプーは比較的高額な物が多いですね。


高額なお金を払って、抜毛を加速させる・・・こんな悲しくて悔しい事はありません。



しかしながら、現実に間違った育毛法を信じて実践する事により、そうなってしまうという方も


少なくはないのです。



皮膚が弱い人ほど育毛には注意が必要です!


まず、これを忘れないで下さい。



では、入浴法から始めてみます。


入浴法自体は皮膚が弱い方も普通の方も変わりませんが、


途中に注意点があるので、そのあたりを注意して下さい。



シャワーを浴びるだけで湯船には浸からない方も多いかと思います。


しかし、出来ればゆっくり湯船に浸かる事をおススメします。


まず、入浴前に髪をブラッシングして下さい。


これは、髪の毛に付いたホコリなどを落とす為です。


頭を洗う準備段階として、しておいた方が良いです。



次に体を洗い、頭を洗う前に湯船に入ります。


汗がじんわり出るくらいにゆっくり浸かって、頭皮の毛穴を広げてあげて下さい。


これはシャンプーで毛穴の汚れを落とす際に役立ってきます。



次に頭を洗うのですが、2度洗いが基本です。


まず、1回目で髪の汚れを落とす。


2回目で頭皮の汚れを落とすという考え方です。


1度だとなかなか汚れを落としきれません。


その証拠に、1回目と2回目でシャンプーの泡立ちが違うのが分かるはずです。



汚れが多いと泡立ちも悪くなるんです。


だから頭皮の汚れをよく落とすためには2度洗いが良いですね。


あと、洗う時は爪を立てたりせずに指の腹の部分で汚れを揉み出すように、


しかも優しく洗ってください。



指に力が入りすぎるという事が男性にありがちなんですが、


頭皮をあまり強く揉むのも頭皮を痛めるし、逆に頭皮を堅くしてしまいますので注意して下さい。



そして、よ〜くシャンプーを洗い流して下さい。


いいですか!よ〜くですよ!


シャンプーの洗い残しが頭皮にあるのは頭皮を痛める原因になりますので注意して下さい。



その後、リンス、コンディショナーは正直あまりおススメしません。


詳しい理由はまたの機会に書きたいと思いますが、どうしても使いたい方は


髪の毛に付ける事。出来るだけ頭皮には付けないようにした方が良いです。



今回の注意点!


皮脂取りシャンプーを毎日使用している方!


ブラシの様なものでゴシゴシ頭を洗っている方!


やめる事をおススメします。


ひと昔前までは、抜毛の原因は毛穴に皮脂が詰まっているせいだ!


だから皮脂取りシャンプーとブラシで皮脂を落とす!


そんなのが結構流行ったんです。


しかしこれ・・・皮膚の弱い方には最悪です!



本来、皮脂というのは頭皮に必要な脂でもあるのです。


確かに、脂の多い方もいるでしょう。


それによって毛穴が詰まるってのもあるのでしょう。


しかし、毎日使用して皮脂を洗い流してしまう事は、必要な脂まで残らなくなってしまうんです。


さらに、ブラシでゴシゴシこする・・・


頭皮は悲鳴をあげています。


これが、痛みや痒みの原因にもなります。


気がついたら頭皮はボロボロ・・・皮膚科医に行く羽目に・・・


そんな事になる可能性が高いです。



頭皮ってのは、髪が生えてくる為の土台ですよね。


植物で言えば大地です。


荒れた大地で植物は育つでしょうか?


育ちませんよね。


頭皮と髪の毛の関係も同じなんです。



荒れた頭皮にいくら育毛剤で栄養を与えたところで、髪が生えてくるはずがありません。


だから、最近では頭皮を大切にする為のシャンプーというものが増えてきたんです。


育毛シャンプーと呼ばれているものですね。


次回はシャンプーについてです。

posted by 敏感肌の育毛 at 2014年03月30日01:47 | Comment(0) | 育毛法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。