当ブログに初めてお越しの方はコチラからどうぞ

育毛に最も大切なのは、やはりコレです。

今までシャンプーやドライヤーについて書いてきましたが、


もちろんそれも、大切な事です。




しかし育毛で一番効果を出す為に必要なもの・・・


それはやはり


育毛剤になります。


当然といえば当然ですが、皮膚が弱い方にとってこれが最大のネックでもあるんです。



間違った育毛剤を選んでしまった日には・・・


頭皮を痛める・・・


抜毛が加速・・・


最悪の結末が訪れる事になります。




では、何を基準に選んだら良いでしょうか?



それは・・・



頭皮に優しいという事です。



育毛に有効な成分としてはミノキシジルが有名ですね。


しかし、こういった医薬品とされる育毛剤には副作用の心配がある事をご存知ですか?


これを理解しないで気軽に使うと、発毛するどころか


我慢出来ないほどの頭皮のかゆみと頭皮のかぶれに苦しむ可能性があります。



育毛どころか脱け毛が進行してしまうという最悪の結果もありえるのです。



さらに副作用で精力減退、頭痛、めまい等の様々な症状で苦しむ方もいます。



だからこそ、皮膚が弱いあなたの育毛剤選びで一番大切なのは、


頭皮に優しいという事です。


しつこいようですが、本当に気を付けた方が良いですよ。



管理人の私自身が経験しましたから・・・



では、どんな育毛剤を選んだら良いのでしょうか?



一般的に育毛剤に配合されている有効成分は、


発毛促進


育毛促進


脱毛予防




大きく分けると、この3つに分類されます。



多くの育毛剤がうたっている、育毛促進や脱毛予防というのは、


血行促進や栄養補給など、頭皮の環境を改善する作用にとどまっています。


これの基準が曖昧ですので、育毛剤を選ぶのが難しいところです。


ですので、ひとつの基準としておすすめするのが


医薬部外品である事です。



育毛剤には


・医薬品

厚生労働省が育毛に関する効果を認めていているが、副作用の心配があるので医師の診断や処方が必要とされている。


・医薬部外品

厚生労働省が育毛に関する有効性を認めている。医師の判断は必要なし。



・化粧品

文字通り、化粧品という扱い。脱毛予防程度の育毛剤。



簡単な説明ですが、その3つがあります。


育毛の効果を表すレベルが

医薬品 > 医薬部外品 > 化粧品


このように考えられがちですが、そういうわけではありません。



残念ながら、誰にでも効果のある育毛剤というものは現在発明されていません。


その為、どれを選べば正解というものは無いという事です。


でも、実際に効果のある育毛剤が存在する事も間違いない事実です。



色々な育毛剤を試してみて、自分に合うものを見つける事が最も良いとは思いますが、


育毛剤の効果が出始めるのは使用開始から3ヵ月ぐらいが目安です。


そんなに色々試してる時間なんてありませんよね・・・(汗)


まして副作用が出て、抜け毛が加速するなんて事になったら大変です。



だから副作用の心配が高い、医薬品の育毛剤を選択するにはリスクが大き過ぎるのです。


とくに、私たちのように皮膚が弱い人にとっては尚更リスクが大きい。



ですので、副作用の心配が少ない医薬部外品をお薦めするのです。



そうは言っても、医薬部外品の育毛剤・・・


実は凄いたくさんあります(汗)



ですので、皮膚の弱い管理人の私が何の副作用もなく、その育毛効果を感じる事が出来たものを紹介します。



このサイトで画像付きで公開してるので参考にしてみて下さい。
(下記をクリックするとサイトへ行けます)


頭皮の弱い管理人が成功した育毛剤>>>


あなたが私と同じように皮膚が弱いのであれば、試しに使ってみるのも良いと思います。


次の記事は【皮膚が弱い男性】【皮膚が弱い女性】

管理人が考える、それぞれにおすすめな育毛剤とその理由についてです。



posted by 敏感肌の育毛 at 2014年05月22日09:00 | 育毛剤選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。